読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独り身の40代、大学院進学と博士を目指す。

岡山を拠点とする年齢的にも経済的にも余裕のない社会人が、少しでも研究実績を積み上げようとあがいています。

秋晴れの粟島で作品を巡る散策旅【瀬戸内国際芸術祭2016】

10月からスタートした瀬戸内国際芸術祭2016秋会期。秋会期には、本島、高見島、粟島、伊吹島の4島も会場になります。 秋晴れで気持ちのいい朝、粟島に渡るため須田港(香川県三豊市)に車を走らせます。港には8:30に到着し、往復切符(660円)を購入して9:05…

マリメッコ、アラビアマニアも必見「心を豊かにするデザイン―讃岐民具連とその時代―」@高松市歴史資料館【瀬戸内国際芸術祭2016】

高松(香川県)でおもしろい展覧会を観てきました。「心を豊かにするデザイン―讃岐民具連とその時代―」です。 1950〜60年代の香川で、洗練されたデザインを用いてさまざまなものを世に出していた活動を紹介しています。香川県庁舎を設計した丹下健三や、高松…

沙弥島の作品を巡る夕方散策旅【瀬戸内国際芸術祭2016】

香川での仕事の帰り、沙弥島(しゃみじま 香川県坂出市)で瀬戸内国際芸術祭2016の作品を巡ってきました。 沙弥島は、1970年代の埋め立てで陸続きになっており(厳密には島ではない)、坂出市内からバスや車で行くことができます。 駐車場に車を停めて海岸沿…

社会実験である地域アートには検証が必要では?『地域アート』(藤田直哉編著)

今朝起きて、ネットに繋いでみるとかなり話題になっていたこの記事。記事を読んで今日のミッションが決まりました。仕事帰りに書店に立ち寄ることです。 bylines.news.yahoo.co.jp 先月刊行された『地域アート 美学/制度/日本』は、私も仕事で関わったことの…

豊島で作品を巡る自転車旅【瀬戸内国際芸術祭2016】

3/20からスタートした瀬戸内国際芸術祭。先日、香川の豊島(てしま)を回って作品を楽しんで来ました。 豊島には家浦(いえうら)港、唐櫃(からと)港の二つの港があります。今回は家浦港から上陸。 平日だったせいか、お客さんはまばら。さすがに週末は多…

豊島八百万ラボ(スプツニ子!)で蚕に驚く【瀬戸内国際芸術祭2016】

先週、香川の豊島(てしま)にオープンした、豊島八百万ラボ(スプツニ子!)。瀬戸内国際芸術祭2016の作品の一つにもなっています。 benesse-artsite.jp 以下、サイトからの引用です。 豊島の南西、海辺に位置する甲生地区につくられた「豊島八百万ラボ」。…

12島の扉を楽しむ『瀬戸内国際芸術祭2016公式ガイドブック』

3月20日から始まる瀬戸内国際芸術祭2016。香川と岡山の12島が主な会場です。 私も仕事を兼ねて会場を訪れることになるため、先日発売された公式ガイドブックを買ってきました。 ガイドブックらしく、メインとなる作品や地図、飲食店情報などをギュウギュウに…

高松港から行ける、おすすめさぬきうどん店リスト【瀬戸内国際芸術祭2016】 List of Sanuki udon shops in heart of Takamatsu city - Setouchi Triennale 2016

瀬戸内国際芸術祭で瀬戸内に来たからには、本場香川でさぬきうどんも食べたい、という方も多いと思います。このエントリでは、瀬戸内国際芸術祭の島巡りの拠点となる高松港から徒歩、自転車で行けるおすすめのさぬきうどん店を紹介します。 徒歩25分の店もあ…

高松(香川)のゲストハウスはこの8宿【瀬戸内国際芸術祭2016】 Guesthouses in Takamatsu city - Setouchi Triennale 2016

3月20日から始まる瀬戸内国際芸術祭2016は瀬戸内の11島が舞台です。島には船を使って渡ることになりますが、高松港(香川)からは11島のうち、7島(乗り継ぎも含めて*1)に行くことができます。残る4島*2も高松駅から電車を使って最寄りの港まで移動できるの…

便利で安い岡山駅近くのゲストハウスはこの2宿【瀬戸内国際芸術祭2016】 Guesthouses in Okayama city - Setouchi Triennale 2016

岡山と香川の間にある瀬戸内海には約100の島々があります。そのうちの11島を舞台に開催されているのが瀬戸内国際芸術祭です。3年に一度の開催(トリエンナーレ)で、3回目となる瀬戸内国際芸術祭2016は来月からスタートします。 setouchi-artfest.jp この際に…

直島でおいしい魚料理をたべるならここで。【瀬戸内国際芸術祭2016】

現代アートの島として世界中から観光客を集める香川県の直島。 飲食店も増えてきていますが、カフェが多く、味も価格も観光地っぽいところが多いのが実情です。 瀬戸内の島に来たからには、おいしい魚料理を食べたい、という声も多いので、それにに応えられ…