読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独り身の40代、大学院進学と博士を目指す。

岡山を拠点とする年齢的にも経済的にも余裕のない社会人が、少しでも研究実績を積み上げようとあがいています。

立場が人をつくる

立場が人をつくる。強くそう思った日でした。 社外で、時折一緒に仕事をする社会人2年目の女性Tさん。今日はTさん初のプレゼンに立ち会いました。 昨年のTさんは、上司の言われるがままで自分で主体的に仕事をすることはほとんどなかったようです。今年から…

子ども独特の思考を奪ってしまうのはもったないない

子どもとは同居していませんが、定期的には会っています。 先週、一緒に過ごした日に持っていた小さなスクールバッグ。子どもが小さい頃にどこかでもらってきて、何年も使ってきたものです。最近、汚れも目立ち、生地も薄くなってきたな、と思いながらよく見…

友人に口説かれて企画が生まれた夜

新しいモノが生まれそうです。高揚しています。 先ほど、数年来の友人とカフェで打ち合わせをしてきました。イラストレーターの友人は、リアリティのある描き込まれた、少し暗めの絵を武器に活躍しています。 その友人に誘われて待ち合わせのカフェに入って…

「かぐや姫の物語」も参考にしたという40年前の記録映画「奥会津の木地師」

早朝、岡山を発って高知へ。民族文化映像研究所が1976年に制作した映画「奥会津の木地師」の上映会に参加するためです。本映画は、スタジオジブリ「かぐや姫の物語」の参考にされており、ほぼ同構図のシーンが登場します。 木地師とは 木地師とは、漆椀の元…

濃厚くるみダレのうどんを食べたことはあるか - しんぺいうどん(香川県高松市)

先週の香川での仕事では、昼食も夕食もうどんでした。と言っても、香川に行った際の通常運転。 香川ではうどんは昼食(+朝食)なので、夜に開いている店は多くありません。そんな中、夕食に訪れたのが高松市街地にある、しんぺいうどん。久しぶりです。 お…

研究成果を人前で発表することも重要

一段落してコーヒーを前にぼうっとしています。 とある大学を会場とした研究会で発表を終えたことで心身が抜けたような状態になっていて、駅近くのカフェで椅子の背もたれに寄りかかってかれこれ30分は経っている状況です。 さて、私の現在の研究テーマは、…

肉厚のキスを求めて通いたい - もり(香川県三豊市)

今週、仕事の途中で案内してもらった、もり。香川県三豊市にあるうどん屋です。 カウンターに座り、メニューをひと通り見て、旬の天ぷらがトッピングされたぶっかけうどんを頼むことにしました。この日はなんとなく、うどん以外の何かも食べたかったのです。…

こちらでも食べたいエビのカツレツ - 洋食kolme.(岡山市)

もう何年もルーアンという洋食屋に通っています。ルーアンの看板は海老のカツレツ。エビの身を筒状に固めてカツにした特徴的なメニューで、ファンの方も多いかと思います。 knada.hatenablog.com そのエビカツを食べられる店が、岡山市内でもう1軒あります。…

転機は、実は40歳前後にも訪れる。「翼ふたたび」

先日、 TLで流れてきた燃え殻 (@Pirate_Radio_) さんのツイートです。 40代のオッサン同士で深夜に話す話題が〝将来何になりたい?〟だったりするからそこの寝れない君よ!安心して安眠してくれ!40で将来をまだ語る人間が実在します!一日は短いが人生は案…

科研費不採択の順位を知らされてさらに落胆

帰宅してポストの中をのぞくと、日本学術振興会から郵便が届いていました。科研費(科学研究費補助金)落ちた人向けの順位の通知です。 昨年、科研費の奨励研究というカテゴリー(基本的には誰でも応募できる)に応募したのですが、採択されませんでした。研…

この季節は落ち着いたオープンテラスで - REC COFFEE(福岡市)

仕事で福岡に一日滞在していたので、ブランチをREC COFFEE 県庁東店でいただきました。用事が近くだったこともあり、知人に吉塚駅近辺のオススメとして紹介されたのです。 rec-coffee.com 普段はあまり頼まないのですが、今日は珍しくカフェラテを。店内のカ…

何度食べても何度でも食べたい海老のカツレツ - ルーアン(岡山市)

洋食が食べたい、と思ったときにまず思い浮かぶのがルーアン(岡山市)です。 頻度は高くないのですが、長年通っているので(この間移転もしています)、ここでどれだけ食べたのかはわかりません。一番外食しているのはルーアンのような気もします。 ルーア…

遺構とモニュメントの関係性を考える『「戦跡」の戦後史』(福間良明著)

本書は、広島、沖縄、知覧の3か所の比較を通して「戦跡」を考えるという内容です。戦跡を「遺構」と「モニュメント」に分け、「アウラ」の概念を用いながらその相違や関係性の変化を分析しています。以下、「序章」のアウラを取り上げた箇所を引用します。 …

みずみずしい水仙粽(ちまき)で五月を味わう - 湊屋(香川県高松市)

高松駅(香川)に降り立つと、必ず立ち寄る場所があります。それが湊屋。駅から徒歩3分のところにある和菓子屋です。 5月になったので、店頭に並んでいた「水仙粽(すいせんちまき)」を購入。税込216円。湊屋の価格はいつも良心的です。 緑濃い笹の葉3枚で…

多くの資料で物部を語る「いざなぎ流の里・物部 」@高知県立歴史民俗資料館

ぎっしり並んだ資料は、学芸員の物部への想いの表れでしょう。 「いざなぎ流の里・物部 ―神々と精霊の棲む村―」を観てきました。会場の高知県立歴史民俗資料館に着いて中に入ると、今日は観覧料無料とのこと。「歴民の日」という特別な日だったのです。 午前…

モノクロ写真が発する物語性のある光「大原治雄写真展」@高知県立美術館

モノクロ写真の光の表現に驚きました。 久しぶりの完全休日だったので、高知県立美術館で「大原治雄写真展」を観てきました。 高知出身の大原治雄は、戦前、移民としてブラジルに渡り、その後一度も日本に戻ることはなかったそうです。農場経営の傍ら、写真…

個性的な九州諸都市を鳥瞰図で楽しむ『美しき九州』(益田啓一郎編)

ページをめくってもめくっても色とりどりの鳥瞰図。とにかく掲載点数が多いのです。 先日来、「大正広重」と呼ばれた鳥瞰図絵師、吉田初三郎に関する資料を読んでいます。 knada.hatenablog.com 『美しき九州 「大正広重」吉田初三郎の世界』は、福岡を拠点…

「養蚕機織図屏風」には養蚕史的価値もありそう。「高松藩・狩野派!」@高松市歴史資料館

高松市の図書館で原稿用の資料を探したついでに、高松市歴史資料館で「高松藩・狩野派!―御用絵師とその周辺―」を観てきました。高松市の歴史資料館と図書館は同じ建物の中にあります。 ちなみに、岡山から高松に出かけての片道は約55分、1,510円です。地方…

精緻な分析にカラフルな挿図『吉田初三郎の鳥瞰図を読む』(堀田典裕著)

大正から昭和初期にかけて量産された美しい鳥瞰図。中心部が強調され、周辺は魚眼レンズでのぞいたような湾曲した独特の構図で、日本各地の風景が描かれています。手がけたのは吉田初三郎という人物で、当時「大正の広重」とも呼ばれていました。 初三郎の鳥…

カフェのザワザワ感で集中できるサイト

音楽の流れるカフェのザワザワ感でこそ集中できる人、いると思います。私も原稿の内容によっては図書館の静寂よりもカフェのほうが筆が進みます。 そうは言っても、頻繁にカフェに行ける訳でもなく、行ったとしても毎回パソコンを開ける訳にもいかず。そんな…

沙弥島の作品を巡る夕方散策旅【瀬戸内国際芸術祭2016】

香川での仕事の帰り、沙弥島(しゃみじま 香川県坂出市)で瀬戸内国際芸術祭2016の作品を巡ってきました。 沙弥島は、1970年代の埋め立てで陸続きになっており(厳密には島ではない)、坂出市内からバスや車で行くことができます。 駐車場に車を停めて海岸沿…

クワイの入った焼売は忘れられない食感 - totto79(徳島市)

徳島まで来て目の前が真っ暗になったのですが、それはそれとしてもう一つ楽しみにしていた目的があります。それは3月にオープンしたtotto79でのランチです。 徳島駅から10分ほど歩いて、青い鳥の描かれた小さな看板を発見。 メニューは魯肉飯(ルーローファ…

同じ研究内容の論文を見つけてしまい……

今、目の前が真っ暗です。真っ暗なままキーボードを叩いています。 今朝、高速バスに乗って徳島に来ました。徳島大学の図書館でとある文献を探すためです。 先日書き上げた論文は、内容を見ていただいた知人の大学教員からいくつものダメ出しを受けました。 …

社会実験である地域アートには検証が必要では?『地域アート』(藤田直哉編著)

今朝起きて、ネットに繋いでみるとかなり話題になっていたこの記事。記事を読んで今日のミッションが決まりました。仕事帰りに書店に立ち寄ることです。 bylines.news.yahoo.co.jp 先月刊行された『地域アート 美学/制度/日本』は、私も仕事で関わったことの…

科研費不採択の通知で落胆……

今日は仕事を早めに切り上げて帰宅しました。待っていた郵便物を受け取るためです。 足取りも軽く帰宅して郵便受けをのぞいた瞬間、気持ちは一転、相当に落胆しました。その原因は、郵便受けの中に横たわる厚みの無い1通の青い封筒です。 国から研究費の助成…

仕事でもないのに時間を割いてもらえたことへの感謝

ちょうど1週間前、論文を書き上げて桜餅を食べていました。その論文を知人の大学教員に見てもらい、早々に返事をいただいたのです。 knada.hatenablog.com メールで届いたのは、送った原稿に赤ペンでびっしりとコメントの付いたPDFでした。 読んでいくと厳し…

豊島で作品を巡る自転車旅【瀬戸内国際芸術祭2016】

3/20からスタートした瀬戸内国際芸術祭。先日、香川の豊島(てしま)を回って作品を楽しんで来ました。 豊島には家浦(いえうら)港、唐櫃(からと)港の二つの港があります。今回は家浦港から上陸。 平日だったせいか、お客さんはまばら。さすがに週末は多…

書き上げた達成感に浸りながら食べる桜餅の味

1本の論文を、とりあえず完成させました。 現在の私の研究テーマを分けると次のようになっています。 A 現在、関心のあるテーマ。どちらかと言えば大学以来の専門分野。 ◎本命 B 現在、関心あるテーマだが、これまでとは異なる専門分野。 ◯対抗 C 大学以来の…

社会に出て間もない私に自信をもたらした元造船所職員の言葉

社会に出て間もない頃、社外の様々な人たちと一緒に組むプロジェクトのリーダーを任されました。10人ほどのメンバーは全員私より年上でした。最年長は、長く造船所に勤めていたという60代の男性。 プロジェクト開始時の顔合わせの後、彼にビルの裏に呼びださ…

豊島八百万ラボ(スプツニ子!)で蚕に驚く【瀬戸内国際芸術祭2016】

先週、香川の豊島(てしま)にオープンした、豊島八百万ラボ(スプツニ子!)。瀬戸内国際芸術祭2016の作品の一つにもなっています。 benesse-artsite.jp 以下、サイトからの引用です。 豊島の南西、海辺に位置する甲生地区につくられた「豊島八百万ラボ」。…

青く澄んだ川と橋を眺めながらコーヒーを - Joki Coffee(高知県本山町)

潤いのある景色とともにいただくコーヒーは格別です。 高知への道すがら、交通手段や時間が許す限り寄りたいのが、Joki Coffee(ヨキコーヒー)。 www.jokicoffee.com (おしゃれなサイトです。動画と音が流れます。) 高知県の北部、本山町の役場近くにある…

時間も労力も惜しまず、詰めるときには詰める。

仕事で必要に迫られて約100年前の本(といってもローカルな媒体)を読んでいました。 丹念に読み進めていくうちに、その本に記されたある重要な情報が、今は歪んだ状態で伝わっていることが分かりました。後に出た本に重要情報が正確に引用されず、その不正…

12島の扉を楽しむ『瀬戸内国際芸術祭2016公式ガイドブック』

3月20日から始まる瀬戸内国際芸術祭2016。香川と岡山の12島が主な会場です。 私も仕事を兼ねて会場を訪れることになるため、先日発売された公式ガイドブックを買ってきました。 ガイドブックらしく、メインとなる作品や地図、飲食店情報などをギュウギュウに…

「好き」の差を埋めるためには

昨晩、Wordに棒打ちで400ページ弱の原稿が送られてきました。 差出人は私より一世代上のNさん。Nさんは在野の研究者ですが、多くの論文を執筆し、世に出してきました。送られてきた原稿は、これまでのNさんの何本かの論文をまとめて加筆、修正したもの。 「…

宮尾登美子の小説で高知を味わう『鬼龍院花子の生涯』『櫂』

今週のお題「好きな街」、私は高知です。 仕事の取材で定期的に行きますが、魚や野菜は安くておいしく、海、山、川と自然溢れる風景を堪能できます。また、天守を頂く高知城の周辺に広がる高知市街地は、町割りなどに城下町の面影を残していて路地散策も楽し…

「東京」に触れて欲しい、と小学生の子どもに思う。

小学生の子どもは演劇の教室に通っています。この教室は、年に数回、子どもを中心とした演劇を公演するのですが、今年は東京(新宿のどこからしい)で公演するというのです。 西日本から東京に行くと、子どもと保護者としての親の交通費、宿泊費を安く見積も…

高松港から行ける、おすすめさぬきうどん店リスト【瀬戸内国際芸術祭2016】 List of Sanuki udon shops in heart of Takamatsu city - Setouchi Triennale 2016

瀬戸内国際芸術祭で瀬戸内に来たからには、本場香川でさぬきうどんも食べたい、という方も多いと思います。このエントリでは、瀬戸内国際芸術祭の島巡りの拠点となる高松港から徒歩、自転車で行けるおすすめのさぬきうどん店を紹介します。 徒歩25分の店もあ…

大学院に進む必要はあるのか?『これからのエリック・ホッファーのために』(荒木優太著)

書店に立ち寄るために早めに仕事を切り上げて、ようやく購入できた『これからのエリック・ホッファーのために』(荒木優太著)。夕食後、読み始めて一気に巻末に達しました。 前回のエントリで購入前の本書への期待を書いたのですが、著者のTwitterでツッコ…

在野研究者への後押し『これからのエリック・ホッファーのために』(荒木優太著)

知人にとある本をすすめてもらいました。『これからのエリック・ホッファーのために―在野研究者の生と心得』(荒木優太著)です。 在野にいながらも実績を残した研究者16人を紹介する本で、著者のサイトに目次が掲載されています。 16人のうち半数近くの人の…

子どもにヒエログリフの解読について問われました。

「昔のエジプトの字(ヒエログリフ)の読み方はどうやって分かったんかなー?」 久しぶりに会った小学生の子どもに聞かれました。「シャンポリオンという人が、ロゼッタストーンという石に刻まれたヒエログリフを……」と、かつてどこかで手に入れた知識を思い…

高松(香川)のゲストハウスはこの8宿【瀬戸内国際芸術祭2016】 Guesthouses in Takamatsu city - Setouchi Triennale 2016

3月20日から始まる瀬戸内国際芸術祭2016は瀬戸内の11島が舞台です。島には船を使って渡ることになりますが、高松港(香川)からは11島のうち、7島(乗り継ぎも含めて*1)に行くことができます。残る4島*2も高松駅から電車を使って最寄りの港まで移動できるの…

自由と不自由

以下の記事、著者翻訳への批判の反論から出発しているけれども、内容は都市や経済に広がっています。すっと読ませられた後に深く深く考えさせられます。 cruel.hatenablog.com 以下、上記リンクからの引用。 でも都市計画は、そして建築そのものは、すべて他…

装幀も美しい『絵はがきの別府』(松田法子著)

今日は休日だったので、なかなか進まない論文を書きつつ、その合間に休憩がてら読んでいたのが『絵はがきの別府』(松田法子著、古城俊秀監修)という本です。 別府の近代史を理解できる 数万枚に及ぶ個人コレクションの絵はがきを基に近代の別府を概観する…

便利で安い岡山駅近くのゲストハウスはこの2宿【瀬戸内国際芸術祭2016】 Guesthouses in Okayama city - Setouchi Triennale 2016

岡山と香川の間にある瀬戸内海には約100の島々があります。そのうちの11島を舞台に開催されているのが瀬戸内国際芸術祭です。3年に一度の開催(トリエンナーレ)で、3回目となる瀬戸内国際芸術祭2016は来月からスタートします。 setouchi-artfest.jp この際に…

新たな道を進むための第一歩

ようやく研究成果が公表されました。リポートの中の1論文としてですが刊行されたのです。 私の現在の研究テーマはA、B、Cの3つあります。(この点は昨日のエントリで触れています。) knada.hatenablog.com 今回公表された成果はテーマAについてです。現在、…

成果を公表しなければ研究テーマは理解されない。

人づてに学会での研究発表の依頼を受けましたが、その内容を聞いて依頼を受けるか少し考えてしまいました。 現在の私の研究テーマを分けると次のようになっています。 A 現在、関心のあるテーマ。どちらかと言えば大学以来の専門分野。 B 現在、関心あるテー…

大きなスケールで思考できるか?

数ヶ月前、荒削りだけれども強く惹かれる論文に出会いました。専門は異なりますが、それでも最後まで読ませ、考えさせられる内容です。 先日、その著者と議論する機会に恵まれました。某大学を訪ねた折、そこに来ていたポスドクの若い人がその著者だったので…

クルクル回るバキュラに学ぶ

ほぼ40歳以上じゃないと何のことか分からないタイトルですが。このエントリのきっかけは、昨晩から一定世代を中心に話題になっているこの記事です。 news.denfaminicogamer.jp 「バキュラ」とはゲームセンターに設置してあったアーケードゲーム「ゼビウス」…

子どもと一緒にバレンタインチョコを作るなら無印良品のチョコキットがおすすめ。

小学校低学年くらいの女の子がバレンタインデーに手作りチョコを渡したい、と言ったら? そんな時のおすすめは無印良品のチョコキットです。(以前はハート型もあったような) 自分でつくる ドーナツ型チョコ 20個分(10袋分) | 無印良品ネットストア …

直島でおいしい魚料理をたべるならここで。【瀬戸内国際芸術祭2016】

現代アートの島として世界中から観光客を集める香川県の直島。 飲食店も増えてきていますが、カフェが多く、味も価格も観光地っぽいところが多いのが実情です。 瀬戸内の島に来たからには、おいしい魚料理を食べたい、という声も多いので、それにに応えられ…