読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独り身の40代、大学院進学と博士を目指す。

岡山を拠点とする年齢的にも経済的にも余裕のない社会人が、少しでも研究実績を積み上げようとあがいています。

MY LITTLE LOVERと目玉焼きハンバーグ ―急逝した先輩との思い出

大学の先輩Aさんが亡くなりました。一昨日、急遽病院に搬送されてそのまま。40歳を少し過ぎた年齢です。

ある病気が原因ですが、前日まで元気だったそうで病気であることに誰も気づいてなかったようです。おそらく本人も。

 

Aさんは私の1歳年上で同じ研究室に所属していました。Aさんの誰に対しても同じ態度で接するところを尊敬していました。語学が堪能なAさんは1年間休学してイギリスに留学していたので、途中から私と同学年となり一緒に卒業を目指すことになります。

 

毎週聴き続けたMY LITTLE LOVER

大学入学時に英語力の無さを痛感した私は、専門的な英書を読む外書講読の授業が苦手でした。授業前の予習に辞書を引きながらかなりの時間を要しても、当日の授業の半分は理解できないような状態です。

授業についていくために、毎週、友人と一緒にAさんの部屋に上がり込んで予習のノートを見てもらうことになりました。その際、部屋で常にかかっていたのがMY LITTLE LOVER(現My Little Lover)のデビュー・アルバム「ever green」です。

毎週聴くうちに私もCDを買ってしまい、CDウォークマンにセットして持ち歩いていました。

無事取れた外書講読の単位は、MY LITTLE LOVERのファンになったこととの引き換えみたいなものです。

 

卒論と共にあった目玉焼きハンバーグ

卒論執筆が本格化する4年生の夏からは、毎日のように研究室でAさんと共に卒論に向き合っていました。

12月になると、卒論・修論を抱えた学生は研究室にほぼ泊まり込み状態になります。

この頃、私と友人は23:00になるとAさんを誘って、夜食と散歩を兼ねて毎晩近くのガストに出かけていました。冷たい空気の中をポケットに手を入れて、くだらない話をしながら店までの道を並んで歩いていたことを思い出します。

店内に入り、席に着いてみんなが注文するのは決まって目玉焼きハンバーグとライス。ガストのメニューの中でも低価格の組み合わせですが、裕福ではない私たちにとってはそれでも安くない食事でした。それを「卒論の追い込みだから」「気分転換だから」と言い訳しながら、毎晩贅沢をしていたのです。

 

目玉焼きハンバーグは無く、MY LITTLE LOVERを聴く今

Aさんの訃報を聞いて以来、大学時代のことがディテールとともに蘇ってきます。久しくガストにも行ってなかったのですが、今こそ目玉焼きハンバーグを食べる時だ、と思い立ったのが今日の夕方。車を停めてネットで検索してみると、なんとメニューから目玉焼きハンバーグが消えていました……。

ガスト<グランドメニュー>17.02.07現在

 

仕方がないので目玉焼きハンバーグはあきらめて、押入れの奥の何年も開けていないCDボックスを引っ張り出し、こんなの持っていたかな、というようなCDを繰ってevergreenを見つけ出しました。今、ヘビーローテーション中です。

広告を非表示にする