独り身の40代、大学院進学と博士を目指す。

岡山を拠点とする年齢的にも経済的にも余裕のない社会人が、少しでも研究実績を積み上げようとあがいています。

秋晴れの粟島で作品を巡る散策旅【瀬戸内国際芸術祭2016】

10月からスタートした瀬戸内国際芸術祭2016秋会期。秋会期には、本島、高見島、粟島、伊吹島の4島も会場になります。

秋晴れで気持ちのいい朝、粟島に渡るため須田港(香川県三豊市)に車を走らせます。港には8:30に到着し、往復切符(660円)を購入して9:05発の船を待ちます。港には無料のすだちサービスが。 

f:id:knada:20161015140156j:plain 

f:id:knada:20161015140637j:plain

須田港から粟島までの所要時間は15分。島に近づくと見えてくるエメラルドグリーンの建物は粟島海員学校として使われていた建物で1890年の建築。瀬戸内国際芸術祭の作品も展示されているので、後で訪ねます。

f:id:knada:20161015140421j:plain

 

粟島の作品のほとんどは港の近くに集まっていますが1作品だけ離れています。まずはその作品を観るために港から奥に伸びる道をたどって西側の浜を目指します。

f:id:knada:20161015140835j:plain

 

10分ほど歩いて浜に出ると、沖に浮かぶレンガ積みの象「Re-ing-A」(日比野克彦)が見えてきます。

f:id:knada:20161015140215j:plain

 

穏やかな波が行き来する砂浜を散策した後、道を半分ほど戻って作品のある旧粟島小学校へ。

f:id:knada:20161015140226j:plain 

f:id:knada:20161015140234j:plain

 

旧粟島小学校の向かい、旧粟島幼稚園の建物を利用した「思考の輪郭」(エステル・ストッカー)は個人的に粟島で最も印象に残った作品。四方を囲まれた内部から見上げる青空も含めて、現代美術らしさを強く感じました。粟島は地域との関わりを前面に押し出す作品が多く、その中にあって作家の個性が際立つのかもしれません。

f:id:knada:20161015140241j:plain

 

旧粟島中学校では「日々の笑学校・粟島研究所」としてレジデンスの作家数名の作品が展示されています。

f:id:knada:20161015140338j:plain

f:id:knada:20161015140254j:plain

 

前回の瀬戸内国際芸術祭2013で相当な人気を博した「漂流郵便局」(久保田沙耶)は今回も健在。

f:id:knada:20161015140346j:plain

3年ぶりに訪れましたが、作品のメインである「いつかのどこかのだれか宛」の手紙の増えた量にまず驚きました。なんと18,000通を超えているとのこと。3年前に投函した手紙を見つけられるわけもなく……。

何通か読みましたが、亡くなった最愛の人あての手紙が多く、現実世界でコミュニケーションを取れなくなってしまった相手への募る想いをどうにかしたいという人は多いのかもしれません。

私が読んでいる側でハガキを買って手紙を書こうとしている人もいました。手紙を読んでいるうちに誰かを思い出し、何かを伝えたくなってしまうのがこの作品の持つ力でしょう。

f:id:knada:20161015140353j:plain

 

 海に出て、桟橋に着けられてる「一昨日丸」(日比野克彦)の中の展示を見学します。土日祝日には粟島周辺を航行する一昨日丸に乗船できるとのこと。1回1,000円。定期船以外の船に乗る機会のない方は貴重な体験になるかもしれません。

f:id:knada:20161015140407j:plain

 

「一昨日丸」の対面には定期船から見えていた旧国立粟島海員学校の建物。こちらには「SOKO LABO OPEN」(SOKO LABO)と「ソコソコ想像所」(日比野克彦)の作品があります。大正期の木造建築も、広い窓越しに眺める海もいい感じです。

f:id:knada:20161015140414j:plain

 

粟島はゆっくり作品を見て回って2時間程度。乗船時間込みでも半日あれば十分楽しめます。 

f:id:knada:20161015140431j:plain

 

芸術祭期間中は食べるところも島内にありますが、須田港に戻ってきてから車で移動できるなら、もりがオススメです。今回食べた「鳥取大山もち豚つけうどん」(600円)は生姜と胡椒のつけだしが癖になる一品でした。また食べたいです。

f:id:knada:20161015213349j:plain

knada.hatenablog.com

 

 

瀬戸内国際芸術祭2016を楽しむならこちらも参考に

knada.hatenablog.com

knada.hatenablog.com

knada.hatenablog.com

knada.hatenablog.com

knada.hatenablog.com

knada.hatenablog.com

 

広告を非表示にする