読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独り身の40代、大学院進学と博士を目指す。

岡山を拠点とする年齢的にも経済的にも余裕のない社会人が、少しでも研究実績を積み上げようとあがいています。

今年も科研費不採択で落胆……

郵便受けの中に横たわる薄い封筒は見たくなかった。

封筒の中身はA4の紙1枚。科研費(奨励研究)の不採択通知である。採択されていれば申請完形の書類の束が入っているため、封筒の厚さで採否が分ってしまう。

f:id:knada:20170405211923j:plain

 

昨年の12月、滞在中の東京のホテルで夜中に書き上げて持参した申請書。昨年も近いテーマでの不採択だったため、申請の内容は相当にブラッシュアップした。自信があっただけに今日の落ち込みは激しく、夕食後しばらく何も考えることができなかった。

knada.hatenablog.com

knada.hatenablog.com

 

研究の助成を受けることができないのはもちろん残念だが、それ以上に現在取り組んでいる研究テーマが認められないことが悔しい。

科研費の不採択や論文のリジェクトが続くと、さすがに仕事の傍らで研究を続けることに挫けそうになる。情けない。

 

広告を非表示にする